最後のピアノ発表会

私がピアノを始めたのはまだ物心のつかないほど小さい頃でした。
その頃から毎日必ず練習をして私はピアノが大好きでした。
しかし、私たちは転勤することになり、小学校6年生の時にピアノを手放すことになりました。

 

ピアノを手放すことになってすぐにその年の発表会に出ることが決まりました。
私はその年の発表会で弾く曲をいろいろ考えました。
この発表会が最後の発表会になるということが何と無くさみしく感じました。

 

私の実力で弾けて、みんなが知っているような曲。
それが私の最後の曲の条件でした。
いろいろ考えた結果、アンジェラアキさの手紙 拝啓、十五の君へに決めました。

 

曲の難易度は私の実力にみあっていて、みんなが知っている。
私は今までにないぐらい一生懸命、練習しました。
しかし、どうしても間違えてしまうところが最後までなおりませんでした。

 

不安に思う中ピアノの発表会が始まりました。
私は緊張に胸がドキドキいうのを感じながら、自分の番を待ちました。
最後の発表会、最後のピアノ。

 

精一杯楽しもう。
そういう気持ちで挑んだ本番は成功しました。
いつも間違えてところも間違えずに乗り越えました。
最高の最後のピアノ発表会になりました。
ピアノの買取査定

 

 

私は中学校の吹奏楽部で、楽器を2つ経験しました。もともとクラリネットをやっていたのですが、3年生が卒業してから部員人数が足りなくなってしまい、チューバに移ることになったのです。クラリネットとは吹き方の全く違うチューバに戸惑いましたが、部活のため、と引き受けることにしました。始めは、メロディーもなく地味なチューバを好きにはなれませんでした。しかし、だんだん曲が仕上がっていうちに、チューバの音がどれだけ大切か分かってきました。吹奏楽の最低音を支えるチューバがあるからこそ曲にまとまりが出るのだと思いました。それからは、チューバの一音一音に責任を持って吹くようになりました。クラリネットのように華やかで...
詳細を見る
幼稚園の頃から習っていたピアノの先生がオーボエ奏者もされていました。ピアノのレッスンの時間より少し早く教室にいくと先生が他の生徒にオーボエを教えていました。小さいながらに「かっこいいなぁ」って思いました。初めて見る楽器に興奮して気になって気になって気になりました。ある日思い切って先生に尋ねてみると「あれはオーボエって楽器だよ」と教えてくれました。それ以来オーボエに憧れていつかオーボエ吹いてみたいなって思っていました。でもなかなかそんな機会もなくずっとピアノのレッスンをしていました。中学生になってもまだピアノは習っていたのですが部活があったので吹奏楽部に入部しました。そして「オーボエを吹きたいで...
詳細を見る
ずっと憧れていたオーボエですが私の入った吹奏楽部にはオーボエがないと言われ仕方なく似た感じの楽器を第二希望にしました。その楽器はクラリネットです。オーボエよりもシンプル感じでとりあえず始めてみようと思いクラリネットを担当しました。最初なかなか音が出ずに悪戦苦闘した思い出があります。部活で何度も何度も腹式呼吸のやり方を教えられてマウスピースを加えて練習しました。友達も一緒にクラリネットを担当していたので遅くまで練習しました。入部して数ヶ月経つ頃にはパートも決めてもらえて少しずつ上達していきました。あんなに頑張って吹けるように努力し集中したことは後にも先にもこの時だけだった気がしています。部活が終...
詳細を見る
私は、幼稚園のころからずっと電子オルガンをならっていました。どうして習うことになったのか、今では定かではありませんが、小さなころから音楽好きだったようです。それも、ピアノではなく電子オルガン。小学校も6年まで続け、グレード試験も受けていました。もちろん、毎年発表回にも出ていました。おばに習っていたのですが、それ以上の級になると、先生をかえて欲しいと言われ、中学生になるときに、ピアノに転向することになりました。電子オルガンは両手両足を使用するので、ピアノを弾いていても、ついつい足でリズムをとってしまい、よく注意されていました。弟も同じように小学校のころからずっと電子オルガンを習っていました。私が...
詳細を見る
高校時代先輩にあこがれてベースを始めた。高校1年だったけどバイトしてお金をためて買ったベースがフェンダーのプレジョンベース。合わせてマーシャルのベースアンプも買って家で毎日練習してた。あるとき、先輩がライブがあるからベース貸してくれと言ってきて嫌な予感はしながらも「良いですよ」と言って貸した。なぜ、嫌な予感がしたかといえば先輩のやってる音楽が「メロコア」、「ハードコア」という激しいジャンルで俺はもうパンクじゃないのかと疑うほど激しい音楽とパフォーマンスをするバンドだった。そしてライブ当日、ビール片手に先輩の出番まで待っているとよこで先輩も酒を飲んでる、「ベース貸してくれてありがとな」とにこやか...
詳細を見る
母がピアノの先生をしていました。3歳からはじめ小学生の5年生までピアノを習っていました。バイエルンやメヌエットなどの楽譜を練習しました。毎日かかさず練習していました。自分の好きな曲を弾いていました。ヨハンシュトラウスの美しき青きドナウです。当時はピアノが大好きでした。母は厳しい人でした。レッスンのたびに怒られました。レッスンは苦手でした。自分ひとりで弾くのが好きでした。小学生6年になり受験することになりピアノをやめて塾に通いました。毎日塾通いをして勉強をしました。ピアノから完全に遠ざかりやめてしまいました。当時は一杯一杯でしたが、もったいないことをしたなと後で思いました。母から勧められて音楽を...
詳細を見る
私は中学校の時に、父からアコースティックギターを教えてもらいました。始めはなかなか手が届かず、コードが押さえられなかったのですが、だんだん練習していくうちに音が出るようになりました。楽しくていろいろな曲を弾きました。そのあと、思い切って、友達と2人で文化祭のステージに出ることにしました。友達がメインボーカルで、私がギターとコーラス、曲はラブソング。2人でこっそりお互いの好きな人に届ける歌にしよう、と約束しました。それからは学校での準備が終わったあと家でたくさん練習しました。そして発表当日。朝からとにかく緊張していたのは覚えています。ステージからは客席が見えづらかったのですが、入り口近くに好きな...
詳細を見る
高校3年生、どうしてもバンドがやりたくて軽音楽部に入部しました。受験も控えていたのですが高校に悔いを残したくない、という気持ちで思い切って入部しました。同級生がメンバーに入れてくれて、ギターとコーラスとして活動することになりました。3年生は夏の文化祭のステージで引退です。それまではすごく忙しい日々が続きました。アコースティックギターはやったことがありましたが、エレキギター独特の弾き方などもあり、苦戦しました。受験勉強とのバランスでメンバーに迷惑をかけることもありました。夏休みも夏期講習の後に練習を重ねました。直前は夜中まで友達の家で練習してギリギリまで音を合わせました。文化祭当日はみんなで揃え...
詳細を見る